幼 稚 園 の 紹 介   自然に囲まれた 緑豊かな環境の中で                  加茂葵幼稚園 

 創   立   大正10年10月18日  創 立 者   故大昌寺住職 西村 大串 (加茂暁星学園)

   

建 学 精 神

「人格形成の基礎づくりは幼児期にある」とする創始者の信念のもと90年前に開園。県下でも最も古くからある幼稚園の一つとして今日に至ります。子どもたちの心と体の成長は五感を通じた遊びの中で得られます。たくさんの発見や感動、驚きに出会い、命の尊さや生きている喜びを感じるかけがえのない日々。本園では豊かな自然環境の下、保育者と子どもたち一人一人の信頼関係を大切に、心身ともに健やかな幼児の育成を目指しています。
教 育 目 標

『丈夫な子ども』   『心豊かな子ども』

遊 び に よ る 教 育              『遊びは心と体の栄養素』

おはよう!さあ、遊ぼう!まず、元気よく健康でいることが何より。広々としたスペースで思い切り遊びながら心も体もたくましい子どもに育てます。また、異年齢児間の交流も活発に行い、友だちと楽しく仲良くあそべる子に育てます。

「その子らしさ」を大切にする教育     『咲かせたい個性の花』
性を大切にする教育 『咲かせたい個性の花』

ひとりひとりが持っている個性 (その子らしさ) と可能性を大切にし、スクスクと伸ばして行きます。集団生活の中でこそ発見できるその子らしさを大切にしながら、各々のお子さんが 「自分らしく」 伸びていくお手伝いをします。

感謝と思いやりのこころを育くむ教育    『優しさと勇気のある子どもに』

宗教心を育てる教育 『感謝と思いやりの心』


仏さまの教えを知り、 「ありがとう」 「ごめんなさい」 と素直に言える子どもに育てます。して良いこと 、悪いことを知り自己抑制したり、友だちの気持ちも思いやることのできる子どもに育てます。

保育者が大切にしていること

宗教心を育てる教育 『感謝と思いやりの心』

・遊ぶときは遊び、我慢するときは我慢する強い心 ・ 人の話を最後までしっかりと聞く態度が身につく
 ように指導しています。

・褒めて(勇気づけて)伸ばすをモットーに子どもと接しています。

・自分のことは自分でする力が身につくようにしています。

・異年齢児との関わりを大切にし互いに思いやり、助け合うことができるようにしています。

             



        主な活動

 静   坐  年長組対象

心落ち着いて座ってお話を聞く力が身に付く、仏教園ならではの習慣です。
 英語教室  年長組・年中組対象

カナダ人講師による楽しい教室です
英語に親しみ英語に興味を持たせます。
 体育教室  年長組・年中組対象

カワイ体育教室講師によ体操教室です。跳び箱、鉄棒など様々な取り組みを行い、その子の力を伸ばします。
仏教行事

幼稚園には三仏忌があり [花祭り・成道会・涅槃絵]、お釈迦様の教えを守って生活する気持ちを持たせます。


― 教職員 ―

理 事 長 西村 秀道  ・  園  長 西村 優子  ・  副園長:子育て支援担当  西村 祥子(兼任)

松組担任 笠井 麻里   ・  梅組担任 西村 祥子  ・  桃組担任 松本 智恵子
                             
   事 務 員 塚野 富美子  ・   園バス運転手(シルバー人材センター) 

園医:内科医【鷲塚内科医院】 ・ 歯科【渡辺歯科】